スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はエイプリルフールだから

今日は、エイプリルフールだから、

書くもの全て、嘘疑惑が発生するので、

控えようかと思います。

kimu.jpg

またね!

川越シェフの野球カード

BBMベースボールカードには、

始球式カード

なるものがあります。

つまり、始球式をした人物の野球カードです。

で、手に入れちゃいました

kawagoe01.jpg

皆の大好物、川越シェフの始球式カード

エプロン姿での始球式。

もちろん!川越シェフのデータが満載

kawagoe02.jpg

このカードは、ものすごい価値があると思います!

多分100万円はくだらないでしょう(^^)

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

長 新太さんの話

TV番組

マツコの知らない世界」で、

絵本を紹介する回がありました。

私は録画して見てるから、

つい最近見たんですが、

マツコ・デラックスさんがやたら、

長 新太さんに夢中なっていたのを見て、

嬉しくなりました。

と、言うのも、

私は、長 新太さんの大ファンで、

さんの出版物を結構持っているからです。

なんだかうれしい。

私のお勧めは、

ゴムあたまポンたろうです。


この本に出会ったのは、

12年ぐらい前で、

当時、小学生夏休み読書感想文の推薦図書

になっていた本です。

この本を読んで、

どうやって感想文を書けというのか・・・

尚、長 新太さんは、晩年の作品ほど、

絵が、ショッキングピンクまみれになってきます。


さんは、2005年にお亡くなりになられています。

遺作は、

ころころにゃーん

というタイトルで、

発売日に、この本を絵本やさんへ買いに行ったとき、

店員さんとこんなやり取りがありました。

私「ころころにゃーん下さい」

店員「ごろごろにゃーんですか?」

私「ころころにゃーんです」

店員「ごろごろにゃーんならあります。」

私「ごろごろにゃーんではありません。最近発売された、ころころにゃーんです。
 お店のパソコンで調べてくれませんか?」

店員「(パソコンで調べて)ぼーるがころころですか?」

私「いいえ、ころころにゃーんです」

結局本は変えず、本屋を何軒かはしごして、

ようやく買えた、「ころころにゃーん


↑これが、ころころにゃーんです。

遺作は、ショッキングピンク一色だけで描かれた絵本でした。

因みに、ごろごろにゃーんはこれ。


ぼーるがころころはこれ

きこりの切り株

どうも、巷では、

きのこ、たけのこ戦争

なる戦争が起きていたらしく、

最近、その戦争が終わったらしい。

きのこ、たけのこ戦争とは、

あの有名な明治のお菓子

きのこの山 と たけのこの里


君はどっちに付くんや戦争
である。

勝利したのは、たけのこの里らしいんだけど、

ちょっと待って!二人は同じ明治のお菓子よ!

なんで、なんで戦争なんか・・・

せめて、ブルボンのお菓子

きこりの切り株

と戦争して!

kikori01.jpg

きこりの切り株はイイ所がいっぱいあります。

まず一つ、

美味しい!

それから、二つに小分けされている

kikori02.jpg

それから、

きのこの山たけのこの里

モチーフが食べ物に対して、

きこりの切り株は、

kikori03.jpg

切り株そのもの。

食べ物じゃないし、どう頑張っても食べれない。

たぶん、パッケージに載ってるおっさんが、

ストイックにガンガン木を切った痕跡、

それがきこりの切り株

男臭さが漂ってきそうです。

でも、切り株ってなんかカワイイ!

でも、ここだけの話、

味がちょっと、たけのこの里に似てる…



マーマイトが品薄らしい!

どうやら、マーマイトが品薄のもよう。

なんでも、ニュージーランド地震が原因で、

製造元(サニタリウム社)の工場が、

動いていないらしいよ。

マーマイトは、サニタリウム社しか作ってないんだ!

その、サニタリウム社が

「在庫が底をついた!」

と言っているんだって!

因みに、マーマイト品薄のニュース記事はコチラ→クリック

皆、マーマイトって何か知ってる?

マーマイトは、

不味いニュージーランドの国民食

として世界中で有名なんだ。

ニュージーランド面白お土産の、代表選手なんだよ。

以前私も、一体どんなに不味いのか体験したくなって、

日本の輸入食料品店で買って食べた事があるよ。

(実は、ニュージーランドじゃなくても買える・・・)


以下マーマイトの感想↓

・マーマイトは、瓶に入っています。

・ふたを開けると、ツンとした酸っぱいにおいがします。

・スプーンですくってみると、とってもネバーっとしてます。

・色は、黒に近い、こげ茶色。

・この色とネバネバと臭いのせいで、「食べるコールタール」
 
 と悪口を言われています。

・一般的な食べ方は、ジャム感覚でパンにつける感じです。

以下食べてみた感想↓

にがすっぱい、何かを発酵させたような味。

不味くはないよ。

でも、

も、もういいかなあ・・・

と静かに、蓋を閉めました。


しかし、この味を何度も体験していくと、

段々と中毒になり、

マーマイトなしでは生きていけない体になるらしい・・・。

そこまで食べなかった私は、

こうやって呑気に、

マーマイトの事なんてすーーーっかり忘れていた訳ですが、

今日耳にした、マーマイト危機。

地元ニュージーランドでは、

「マーマゲドン」

などと大騒ぎなんだって!

本当に品薄なのかなあ?

確か、日本のamazonでも買えたはず・・・

と、思って見てみたら、



今も、買える!

しかし、た、高い!

2倍以上している気がする・・・

これも、品薄のせい?

余談ですが、

これは何?↓


高級なマーマイト

マーマイトは、

世界中で愛されているんだね!
カテゴリ
プロフィール

地獄ゆき

Author:地獄ゆき
漫画家(貧困)

月刊少年ガンガンに
掲載されていた漫画家です。

掲載漫画一覧

チェックしてね!
jigokuyukiをフォローしましょう
RSSリンクの表示
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。