スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合博満野球記念館へ行った話 その1

実は、今年のお正月に私は、

落合博満野球記念館

へ参拝してまいりました。

どうやら、落合博満氏は、年末年始に、

落合博満野球記念館へ来館されるという噂を風の便りで聞き、

友人数人で現地へダメもとで向ってみました。

さて、私たちがたどり着いたのは、

午後3時

閉館は午後5時

あと2時間しかないじゃないか!(到着まで5時間ぐらいかかったぞ!)

(落合博満野球記念館は和歌山県東牟婁郡太地町にあるんだ。

映画「ザ・コーヴ」のロケ地だよ)

おおっ!入口に
otiaimon.jpg

落合博満在館の看板がでかでかと!!

さすが!

入場料は 

大人2000円!(子供は1000円!)

さすが!

門をくぐりますと何やらにぎやかな声がします。

otiainiwa.jpg
!!

子供達がキャッチボールをしている!!

私の思ってるのと違う!

なんか、自由!

これが、オレ流ってやつか?

そして館内に入ると
otiaizou.jpg
じゃーーーーーん!!

これが、あの噂の

落合博満氏本人の型を取って作った等身像。


股間のトンガリに目が行っちゃうのは仕方ないよね。

この像と共に、落合氏のユニホームやバットや帽子(本物)を持って記念撮影ができるよ。

otiai03.jpg
↑こんな感じで撮影ができるよ

残念ながら館内は、この像以外撮影禁止

でも伝えたい。

展示物が凄いって事を!

まず、ビックリするのが、

展示物が野球関連の品だけじゃないって事。

クイズミリオネアでとった賞金一千万円のチケット

芸能人との交流関連グッズ。

ガンダムのプラモデルやゾイドのおもちゃ

落合信子さんが描いた油絵

落合副詞君関連グッズ。

そう!ここは、どちらかと言うと

落合ファミリー記念館なのです。

次回は、落合ファミリーとの交流のお話を書きます。

こうご期待!

イラスト

poio.jpg

ゆるキャラ?

ちまたでは、
ゆるキャラが流行っていますね。

熊本県に

くまもん

っていうゆるキャラが、

なんかのゆるキャラの大会でなんか1位らしいですねなんか。

でも、熊本県にはこんなキャラもいるんですよ。
ituki.jpg
子守唄の里 五木村
「いつきちゃん」


全く、ゆるくないです。

むしろ渋いです。

せんとくんも

ゆるキャラというよりは、こっちのタイプだと思います。

いっその事、

渋キャラ

というジャンルを作ってほしいものです。


加藤茶が最近かけてる眼鏡

katoutyanomegane.jpg

西村京太郎 消えた巨人軍

消えた巨人軍

ketakyojingun.jpg

をとある古本屋(BOOKOFF)で見つけてしまいました!

作者は、ミステリーの帝王

西村京太郎であります。

っていうか、何というタイトル!

あらすじをざっと読んだら、

どうやら、長嶋巨人軍(王、張本がいた頃の)を

まるまるごっそり誘拐
するようです。

しかも、西村京太郎サスペンスの十八番、

電車トリックを使っての誘拐!


本当に誘拐する気か?京太郎さん…マジなのか?


きっと、「誘拐した」という事にして、

実は誘拐していないというオチだろう、

と思って最後まで読んだら、

本当に長嶋巨人軍を誘拐していました。

しかも、電車トリックを使って。

因みに、こんな本も持ってます。

戦国の長嶋巨人軍
志茂田景樹


sengokunonagasima.jpg

この本はまだ読んでいませんが、

あらすじを見たところ、

長嶋巨人軍が、
戦国時代へタイムスリップするお話


のようです。

しかも、長嶋巨人軍は戦国武将と戦うようです。

志茂田景樹さん・・・正気なのか?

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
プロフィール

地獄ゆき

Author:地獄ゆき
漫画家(貧困)

月刊少年ガンガンに
掲載されていた漫画家です。

掲載漫画一覧

チェックしてね!
jigokuyukiをフォローしましょう
RSSリンクの表示
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。