スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合博満野球記念館へ行った話 その3

落合博満野球記念館へ行った話 その1はコチラ↓
http://jigokuyuki.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

落合博満野球記念館へ行った話 その2はコチラ↓
http://jigokuyuki.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

これが最後です。

私は、副詞君が記念館にいるか知りたくて、

「息子さんは来館されていらっしゃいますか?」

と信子さんに聞いてみました。

そしたら、

「さっき、下でウロチョロしてたよ。呼んでこようか?」

と、信子さんが動き出し始めようとした直後、

突然!副詞君が現れました。

信子夫人「副詞~、大阪から来たお客さんだよ~」

副詞君は、開口一番

「もうかりまっか?」

と私たちに話しかけてくるではありませんか!!

私たちは意味が解らず、ただポカーンとしていたら、

「あれぇ?大阪の人は、ぼちぼちでんなあって言うって聞いてたんだけど。」

という展開を期待していた様子。

副詞君の話し方は、どの人に対しても親友に話しかけるような感じで、

私たちは、あっという間に、副詞君のペースに取り込まれていきました。

副詞君は、言わずと知れたゲーム好きで、

私たちの仲間にゲーム関係の仕事についている人がいることを知るや否や、

物凄く食いついてきました。

副詞君の、ゲームに対する熱い思いを沢山聞き、いろいろ話しをているうちに、

あっという間に、閉館の時間が過ぎていました。

にもかかわらず、私たちは副詞君と話をしていました。

するとなんと!そこへ、

「副詞~、もう閉館の時間だよ。スタッフのみんな困ってるよ~」

と、副詞君のお嫁さんがやってきたではありませんか!

尚、奥さんはとっても美人でした。

副詞君は、

「この後どっかで話さない?」

ともっと話したい様子でしたが、

私たちも帰るしかなく、名残惜しみながら帰り支度をにすることに…

最後に、副詞君と記念撮影をして、

副詞君とお嫁さんに見送られながら

落合博満野球記念館を後しました。

「ご来館有難うございました。」


と深々と頭を下げた副詞君とお嫁さんは、

とても丁寧に私たちを

玄関まで見送って下さいました。


それからすぐに、

この本を買いました↓



とてもいい本です。

因みに、副詞君の見た目は、この本↑とは違います。

お洒落でした。

だから私は、記念館にいてもどの人が副詞君か解らなかったのでした。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

地獄ゆき

Author:地獄ゆき
漫画家(貧困)

月刊少年ガンガンに
掲載されていた漫画家です。

掲載漫画一覧

チェックしてね!
jigokuyukiをフォローしましょう
RSSリンクの表示
最新記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。